本文へスキップ

油圧プレスは能力とコストを考えて製品選びをしましょう。

三動油圧プレス

インデペンデント形三動油圧プレス

工場で働く油圧プレスのタイプ/インデペンデント形三動油圧プレス

三動タイプとはふたつのスライドを持つ複動タイプにもうひとつ金型を装着可能な スライドをプラスしたマシーンなのはご理解していただけたと思います。 インデペンデント形三動油圧プレスもそんなタイプに分類されますが、おおまかな 作りはインデペンデント形複動油圧プレスよりも金型を取り付けたスライドを ひとつだけ多く有している感じになります。 インデペンデント形複動のことはすでに説明しておりここでさらに補足するような ことはありませんが、難しい英語なので実物を見ないことには形状が想像できない と嘆く女性もいそうな気がします。 インデペンデントとは独立している、頼らない、そんな意味の単語でこれはそのまま マシーンの性質となっています。 それぞれのスライドがお互いを拘束せずに案内される、独立しているというのが インデペンデントタイプの持ち味です。 見た目の特徴はわりと自由な設計になっているので、面白い形状をした中古品も 探せば多数発見することができそうです。


インナアウタト形三動油圧プレス

インナアウタト形三動油圧プレスはインナアウタ形複動油圧プレスが発展した ようなもので、スライドが5割り増しになっています。 それだけならお得に思えるのですが、その分お値段も高くなるので得か損かは その機械を使って何を作れるか、1日にいくつ作れるかといったことも考慮して 総合的に判断しなければならないでしょう。 小さな卓上形や単動のものなら低予算で購入することはできますが、性能というか 能力も金額に比例して低くなることがほとんどです。 小規模の工場ならそれでも大助かりと拍手をしたくなる活躍をしてくれそうですが、 任せられない仕事も工業団地一帯を探せば複数あります。 コストが高くなってもいいから三動油圧プレスを導入してどんどん注文を受けたい、 そんな企業ならこのタイプを注文することは得になる、メリットがあると判断 されるのではないでしょうか。 逆に能力をフルに発揮できない現場だと割高な買い物になりそうです。


サスペンション形三動油圧プレス

これも少し前に解説しているサスペンション形複動油圧プレスに似ているタイプで、 それにスライドをひとつ付け足した物になります。 サスペンションは自動車用のパーツだと車体と路面の間に位置する足回りの部品 で衝撃を吸収してくれる役割を持っています。 平面ではない凸凹の砂利道を高速で走行するとゴム製のタイヤでも振動を全て 受け止めることはできず、運転席で操作するドライバーや助手席に座る相棒の 身体を激しく揺さぶることになります。 その揺れを最小限に抑えるのがサスペンションに課せられた使命で、車内を快適な 空間にするには欠かせない重要なパーツです。 4輪の自動車だけではなく2輪のバイクにも取り付いてるからとても人々の役に 立っていますが、そのことはサスペンション形三動油圧プレスに全く関係はなく、 このマシーンでは吊るしたような仕組みになっているからそう名付けられています。